印刷される方はこちらPDF[PDF形式]

2013年11月28日 ぷらっとホーム株式会社

日経コンピュータ掲載!マイクロサーバーがM2Mで一躍脚光!ぷらっとホーム社長 鈴木友康インタビュー

デバイスや通信キャリアを問わず、外出先からお客様のネットワークに接続可能な中小企業向けリモートアクセスを実現

 ぷらっとホーム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 鈴木友康、https://www.plathome.co.jp/)は、日経コンピュータ11月28日号「最先端の開拓者たち」のコーナーにおいて、ぷらっとホーム社長 鈴木友康のインタビュー記事が掲載されたことをお知らせいたします。

 インタビュー内容は以下の通りです。

 高密度に集積できる超省電力のマイクロサーバ―、ビッグデータ処理用途などで注目されている今、そのマイクロサーバーを今から10年以上も前より開発し続けている日本企業“ぷらっとホーム株式会社”。ぷらっとホーム社長 鈴木友康が追求するのは、世界の隅々にまで設置できる、「小型」で「耐久性に優れた」マイクロサーバーである。

  • マイクロサーバ―開発の経緯
  • 差別化戦略について
  • ネットワークの頭脳としての「M2M」
  • ぷらっとホーム製マイクロサーバーの優位性
  • 今後の抱負

 詳細な記事内容につきましては、「日経コンピュータ11月28日号」をご覧ください。

マイクロサーバ―「Open Blocks」シリーズについては、こちらからご覧ください。
⇒ https://openblocks.plathome.co.jp/

M2Mとは

 M2Mとは「Machine to Machine:機器間通信」の略であり、機械同士がネットワークを通じて情報のやり取りを行うことを指します。特に、コンピューターや通信機器などの情報機器以外の機械にセンサー等を組み込み、人間を介さずに、データ収集や管理、制御などを行うことをいいます。

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの市場投入を通じて、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 渡辺美央
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る