ホーム課題から選ぶぷらっとホームのコンサルティング

ソリューション事例

ソリューション事例 - 当社ならではの適切なシステムアップ

グリーンITへ グリーンITへ

PUE(データセンターなどの電力エネルギー効率)の向上が問われるなか、企業のサーバーシステムには、利用頻度に応じた使い分けや工夫が必要です。
ぷらっとホームは、サーバー統合や仮想化によるリソース共有、あるいはDNSやDHCPといったサーバーを省電力でタフなマイクロサーバに置き換えるなど、お客様の状況に応じた適切なシステムアップが可能です。


サーバークラスタリングの省電力化 サーバークラスタリングの省電力化

サーバークラスタリングは、一方のサーバーの不具合発生時まで電源オンで待機するスタンバイサーバーの設置が必要なため、スタンバイ中は電力が無駄に消費されてしまいます。仮想化技術を組み合わせれば、ひとつのサーバーで他のサービスを行わせつつフェイルオーバー動作も可能。リソースを効率的に活用し省電力化に寄与することができます。


旧サーバーを最新のハードウェアで稼動 旧サーバーを最新のハードウェアで稼動

最近とくに多い相談として、レガシー化したOSやハードウェアによるサーバーを最新ハードウェア機に置き換えたいという要求があります。お客様の中にはHDDやファンといった稼動部品を交換し延命を続ける例も見られますが、仮想化により古いハードウェアをエミュレーションし最新ハードウェアで稼動させることで、より安心かつ省電力に寄与する高速なシステムを実現できます。


高信頼なストレージシステムへ 高信頼なストレージシステムへ

個々のサーバーに簡易なRAIDストレージを持たせるケースはよく見られますが、これでは、HDDがトラブルを起こした際には、HDDの切り離しによってしか復旧ができず、冗長性のレベルは低いものとなります。
しかし、こうしたHDDのほとんどは、正しい処置を行えばまた使用を続けられます。エラーリカバリ機能を備えたエンタープライズ向け専用RAIDハードウェアを導入すれば、システムの大幅な信頼性向上が実現するうえ、ストレージ統合による省電力化も果たせます。


データ共有に幅広い選択肢を データ共有に幅広い選択肢を

データ共有に関するご相談の際には、お客様のご利用方法により、NAS型接続とSAN型接続のどちらが適切なのかをアドバイスしながら構築にあたります。また、インフィニバンドによる仮想化HBAでのネットワーク・ファイバチャネル統合など、新技術によるご対応も可能。システム提案から構築まで、幅広い要求にお応えします。


安全な遠隔操作を行うサーバー 安全な遠隔操作を行うサーバー

自社内ではなく遠隔地のデータセンタへサーバーを設置する場合、一般システムでは不可能なパワーのオン・オフやOSインストールなど、ほぼ全ての管理作業を、ぷらっとホームの提供する遠隔システムによって実現できます。


遠隔地へのミラーサーバー・ストレージ設置 遠隔地へのミラーサーバー・ストレージ設置

大規模な災害が頻発する中、複数の拠点にミラーサーバー・ストレージを配置するディザスタリカバリ環境の構築には、ハードウェア選定からソフトウェア提案、WAN環境でのパケット数低減といった、一貫したシステム提案が可能です。



ぷらっとホームのコンサルティング目次

お問合せ

ハードウェアとOSの
相性問題

ハードウェアとOSの相性問題

大容量メモリへの対応など、同じLinux OSでもディストリビューションごとに違いがあります。長い経験と実績を持つぷらっとホームが、お客様へ最適なアドバイスをご提供します。


ページの先頭へ戻る