印刷される方はこちらPDF[PDF形式]

2014年3月24日 ぷらっとホーム株式会社

グローバルなM2MやIoTネットワーク構築のために「OpenBlocks」の対応モバイル通信事業者を国内外に拡大

新たに国内2社の通信事業者の追加で、ネットワーク構築における国内・海外への対応を大幅に強化

2014年3月24日、マイクロサーバー大手のぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、M2MやIoT(Internet of Things : モノのインターネット)通信のニーズにより幅広く対応するため、「OpenBlocks A7およびAX3」の3G通信モジュールオプションの対応キャリア(モバイル通信事業者)を拡大したことをお知らせいたします。

OpenBlocks A7およびAX3は、これまでNTTドコモやVodafoneでの通信に対応しておりましたが、この度、対応キャリアにNTTコミュニケーションズおよびソフトバンクモバイルが追加となりました。これにより、国内および海外におけるIoTやM2Mネットワークの構築における選択肢が広がり、お客様の多様なニーズに対応可能となります。

「OpenBlocksシリーズ」はKDDIやNTTグループ各社をはじめとした大手通信事業者や、電力監視やセンサーネットワークなどのM2M分野に豊富な導入実績をもち、近年は、M2MやIoT分野のネットワークゲートウェイ装置として多数採用されています。

対応機種

OpenBlocks A7、OpenBlocks AX3 イーサ4ポート

対応キャリアおよび通信方式

対応キャリア 対応通信方式
国内 NTTドコモ 3G通信
NTTコミュニケーションズ(NEW 3G通信
ソフトバンクモバイル(NEW 3G通信
海外 Vodafone 2G/3G通信

※ 当オプション搭載製品の海外使用の場合は各種規格認証が必要な場合がありますので別途ご相談下さい。また、掲載にない通信事業者をご利用の場合は別途お問い合わせください。

関連URL

http://openblocks.plathome.co.jp/products/obs_a/a7/option.html

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの市場投入を通じて、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 渡辺美央
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る