印刷される方はこちらPDF[PDF形式]

2013年12月5日 ぷらっとホーム株式会社

遅い!送れない!を解消。多拠点への大量データ配信の決定版。
1/100以下の時間で情報を伝送する多拠点用アプライアンスを発売開始

コンパクト筐体にSkeed社製分散配信ソフトウエアを搭載した新しいEasyBlocksソリューションを発売開始

 2013年12月5日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、多拠点において、大容量のデータを高速に配信可能な「EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンス」を発売開始致しました。

EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンスとは

 EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンスは、ぷらっとホーム社の法人向けネットワークアプライアンス製品「EasyBlocks」に、株式会社Skeed(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:明石 昌也)の開発した分散配信技術ソフトウエア「SkeedDelivery™」を搭載した、多拠点・高速情報配信アプライアンスです。

 連鎖型・分散型の情報伝達を行うことで、これまでは衛星回線等による高額な手段でしか実現できなかった、全国規模・全世界規模へのデジタルバルク(大容量)ファイル配信が、一般企業や組織でも、容易に導入可能となりました。

EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンスの特徴としくみ

いままで何十時間もかかっていたファイル配信が、数分で完了します

 EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンスは、Skeed社の多段転送・マルチパスのP2Pアーキテクチャソフトウエアを採用することで、中央の配信元サーバーの負荷や回線コストを最小限におさえながら、多拠点へのコンテンツ配信を超高速で実現致します。

 配信元の大容量データは、配信先である拠点側のサーバーを経由し、連鎖型・分散型で他の拠点へ配信されます。これにより本支店の回線やネットワークの増強コストを抑制しながら、極めて高速な情報配信が可能となります。また、配信制御は自動化されており、各拠点の配信状況の確認や配信先の急な追加、もしくは何らかの障害で回線瞬断が生じても復旧後に自動再開するレジューム機能などを備えるなど、優れた運用環境を実現しています。

【基本構成】

基本構成

クリックで拡大

 本アプライアンスにより、企業のシステム管理者やユーザーは、日本全国の多拠点に大容量データを配信するために、高価な専用線や衛星通信を使う必要がなくなり、既存のインターネット回線や社内LANを用いて、安全・確実に多拠点への配信することが可能となります。また拠点ノードがアプライアンス化されることで、運用開始時点でもスピーディにスムーズなサービスインを実現でき、導入やメンテナンスに人的リソースや高額な費用をかけられない企業でも最適なソリューションが実現可能です。
本アプライアンス製品は適用規模が30〜10,000台程度の多拠点法人を対象にしております。また、本アプライアンスの利用にあたっては別売りのセンター側サーバーが必要となります。

【配信方式】

SkeedDelivery

クリックで拡大

【短縮効果試算例】

SkeedDelivery

クリックで拡大

EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンスとは

  • 自律的な経路制御技術
    各ノード同士が協調しながら、自動的に最適な経路を見つけてファイルを配信
  • 障害時の検知と自動対応
    配信先がダウンしてもそこを回避し、別の配信先に経路を迂回して配信を継続
  • セキュアな通信
    SSL通信による暗号化
  • ブラウザだけの簡単操作
    ボタンを押して選んでいくだけのオペレーション
  • 配信先のグルーピング
    複数の配信先をグループ登録して一括指定が可能
  • 配信時間のスケジューリング
    指定した時間帯のみ配信が可能(例:閉店から開店するまでの時間だけ回線を利用)

用途例

下記のような場所でのファイル共有(大容量な動画データ・図面データ等)

  • 全国支社・支店・代理店等への経営層の講話配信
  • 複数拠点への大容量コンテンツの配信
  • 複数拠点への大容量コンテンツの配信
  • 現場運用マニュアル類の多地点への配信
  • 製品・整備マニュアル・サポート資料の配信
  • CADデータ・設計図面等の配信
  • 代理店・販売店等への販促物・教育コンテンツ配信
  • 統計データ等の配信

適用業種例

  • 金融業(銀行・証券・生損保等の支社・支店・代理店等)
  • 教育産業(学校、塾、教育機関)
  • 医療機関
  • 製造業・メーカー全国支店
  • 大型量販店(多店舗)
  • 大規模スーパー(GMS)やコンビニエンスストアチェーン(フランチャイズチェーン・ボランタリーチェーン)
  • 映画館、ゲーム等の娯楽施設
  • 飲食業チェーン
  • 工務店
  • 建設現場

エンドースメント

今回のアプライアンス発売開始にあたり、以下の企業よりエンドースメントをいただいております。

株式会社Skeed
代表取締役CEO 明石 昌也

 Skeedにとって、この度の「EasyBlocksSkeedDelivery™アプライアンス」の発表は、初のアプライアンス製品であり、大いに歓迎しております。SkeedDelivery™は多拠点にコンテンツを高速配信するものであり、アプライアンス化による運用・導入のし易さが著しく向上することが期待されます。
ぷらっとホーム株式会社との協業により、より多くの顧客企業に最適なソリューションを提供できるよう、今後とも製品・サービスの向上に努めてまいります。

製品詳細(仕様、価格、パッケージラインナップ、サポート)

■ラインナップ・価格

品名 EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンス 配信元サーバー
参考価格(税込) オープン

別途ハードウェアが必要です。

品名 EasyBlocks SkeedDelivery™アプライアンス 配信先ノード
型番 EBX3/SDAx (xには配信先ノードの規模数が入ります)
参考価格(税込) オープン
ハードウェア仕様
外部インターフェース 10/100/1000BASE-T ×4
eSATA × 1
USB 2.0(Type-A)× 2
筐体サイズ 194(W) x 179(D) x 42(H)mm(ゴム足含まず)
動作条件 温度:0 - 50℃、湿度20 - 80%Rh (結露なきこと)
電源 内蔵AC電源
消費電力 アイドル時 12.0W /高負荷時 15.0W※1
重量 約1,255g

関連URL

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの市場投入を通じて、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 渡辺美央
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る