印刷される方はこちらPDF[PDF形式]

2013年9月12日 ぷらっとホーム株式会社

PoEや3G、RS485に対応しM2Mゲートウェイに最適なマイクロサーバ、「OpenBlocks A7」を発表

2013年9月12日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、企業向けマイクロサーバ「OpenBlocks Aファミリ」の最新モデルであるOpenBlocks A7および本製品で使用可能な3G 通信モジュール・RS485モジュールを発表、販売開始しました。

OpenBlocks A7の概要

OpenBlocks A7はM2Mゲートウェイからネットワーク監視、アプライアンスのベースとしての利用など、幅広い用途に適した手のひらサイズのサーバーです。OpenBlocksシリーズで培ってきた技術と経験を基にユーザーからの要望を最大限に反映し、汎用の小型サーバーに求められる性能・インターフェイスを網羅しました。また企業向けサーバーながら1台から購入でき、スモールスタートが可能です。

ギガビットイーサネットを2ポート、メインメモリを1GB備え、コンパクトな筐体ながら高い汎用性を実現しました。ルーターやProxyサーバーなどネットワークの中継に使い勝手が良く、幅広いアプリケーションの実装も可能です。また、256MBのフラッシュROMを内蔵しており、ファームを圧縮しないため、OSの高速起動やSSDに頼らないアプリケーションの実装が可能です。さらにUSBポート( 内部 2・外部 2 )、シリアルポート ( 内部 2・外部 2 )と豊富な拡張インターフェイスに加えPoEにも対応しており、幅広いニーズに対応することができます。

オプション品について

  • 3G通信モジュール
    OpenBlocksをワイヤレスでインターネットに接続できます。固定インターネット回線の敷設が困難な場所などにおけるネットワーク環境構築を実現します。3G(W-CDMA)方式に加え、GSMやGPRSといった世界各国で使用される通信方式にも対応しており、M2Mのグローバル展開に最適です。3G通信モジュールは国内・海外のM2M通信サービスに対応しております。
  • RS485モジュール
    RS485コネクターをOpenBlocksへ追加し、RS485インターフェイスを持つ各種センサーデバイスなどから直接情報を収集することが可能です。

OpenBlocks シリーズとは

2000年に発売を開始した汎用小型サーバー「OpenBlocksシリーズ」は、「小型・堅牢・低消費電力」をテーマにシリーズを展開し、通信キャリアや大手メーカーなどに豊富な採用実績を誇る、信頼と実績の手のひらサーバーブランドです。
昨年リリースしたOpenBlocks Aファミリは、企業ネットワーク用途での豊富な実績を活かし、多拠点展開やデータ中継用途に最適なマイクロサーバとして好評を博しています。

アーム社からのエンドースメント

ARM is delighted that its Japanese partner Plat'Home has demonstrated an innovative use of ARM-based server technology with their new OpenBlocks A7 microserver," said Lakshmi Mandyam, director, Server Systems and Ecosystem, ARM. “Together with its partners, ARM is paving the way for an exciting new ‘Internet of Things’ era, in which machine to machine communication (M2M) and intelligent systems will transform lives around the world.

アームは、日本のパートナーであるぷらっとホーム社が革新的なARMベースのサーバーテクノロジをOpenBlocks A7マイクロサーバーで実現したことを嬉しく思います。私達はパートナーの皆様と共に、機器が相互につながり(M2M)、インテリジェントなシステムが世界の人々の生活を変化させるInternet of Thingsの時代を進めてまいります。

ARM
サーバーシステム&エコシステム
ディレクター
Lakshmi Mandyam

製品詳細(仕様、価格、パッケージラインナップ、サポート)

■仕様・価格

品名 OpenBlocks A7
型番 OBS A7P/x xにはパッケージ型番が入ります。
参考価格(税込) 43,890円より
ハードウェア仕様
CPU ARMADA 310 (88F6283) 600MHz
メインメモリ 1GB (DDR3 SDRAM)
Flash ROM 256MB (NAND)
ストレージ SATAII(2.5inch SSD*、HalfSlim SSDを搭載可) *別途接続ケーブルが必要
内部インターフェイス USB2.0 × 2
RS-232C × 2 ※1
外部インターフェース 10/100/1000BASE-T※2 ×2 (PoE受電可)
USB 2.0(Type-A)× 2
RS-232C(RJ-45) × 2 (1portはコンソールと排他)※1
筐体サイズ 81(W) x 133.5(D) x 32(H)(ゴム足含まず)
重量 約230g
動作条件 温度:0 - 55℃(PoE受電時は0 - 50℃)、湿度20 - 80%Rh (結露なきこと) ACアダプタ含
電源 ACアダプタ 5V または PoE受電 DC48V
消費電力 アイドル時 6.6W /高負荷時※2 7.7W※3
消費電力(PoE受電時) アイドル時 5.5W /高負荷時※2 6.4W※3
OS Debian GNU/Linux
保証
無償修理期間 1年間※4

※1 外部I/Fと内部I/Fはそれぞれ排他
※2 Auto MDI/MDI-X対応
※3 全イーサネットポートをリンクアップし、stressコマンドによりCPU 100%の状態にして計測。
※4 添付品は弊社出荷日より30日間、欠品の充当、または初期不良交換のみ

■OpenBlocks Aファミリサポートサービス

ユーザー向け基本サービス
1年目 2,016円/年
2年目〜6年目 2,898円/年
VAR/SI向けパートナーサポートサービス
スタンダード お問合わせください
ライト
拡張サービス
※基本サービス又はパートナーサポートサービスの加入が必須
オンサイト対応 参考価格(税込):40,000円/台より
カスタムプリセット 参考価格(税込):20,000円/台(1回) より
キッティング 参考価格(税込):お問合せ下さい
設置・設定 参考価格(税込):80,000円/台より
開発支援 参考価格(税込):お問合せ下さい

詳しい仕様やサポートサービスの内容は下記「関連URL」をご覧ください

関連URL

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの市場投入を通じて、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問い合わせ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 渡辺美央
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

ページの先頭へ戻る