2012年10月5日 ぷらっとホーム株式会社

ぷらっとホーム、NTTデータと協業で、
最新の統合運用管理環境をより簡単に導入できる
アプライアンスを発表

物理環境も仮想化環境もこれ一台で完結、Hinemos® 4.0スムーズ導入アプライアンス

2012年10月5日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、株式会社NTTデータ(証券コード:東証9613、本社:東京都江東区、代表取締役社長:岩本敏男、以下NTTデータ)が開発する運用管理ツール「Hinemos®」の最新版となるVer. 4.0 を柔軟・堅牢・低消費電力な手のひら サイズの統合運用管理監視アプライアンス「EasyBlocks Hinemos®アプライアンス」の最新モデルを発表しました。本製品の販売は同日10月5日より行われます。

EasyBlocks Hinemos®アプライアンスの概要

エンタープライズクラスのシステムにおいて高い実績を有する統合運用管理ツールのHinemos®を、小型で堅牢なハードウェアで、従来に比べ手間やコストを大きく節約し安心の導入運用を可能としたのが、ぷらっとホームとNTTデータの協業により提供される、EasyBlocks Hinemos®アプライアンスです。

EasyBlocks Hinemos®アプライアンスのハードウェア筐体は、堅牢ファンレス・スリットレス設計、設置スペースを取らない手のひらサイズ筐体、通常のサーバーハードウェアの約3割程度という超低消費電力仕様を備えており、多くのネットワークセグメントごとに信頼性の高い運用管理環境を導入したい大企業や、サーバー機器の管理にHinemos®を導入することで効率的な運用管理は行いたいがソフトウェアインストールやメンテナンス、トラブル対処や設置スペース用意といった手間は最小限に押さえたい中小規模環境などで、きわめて優れた導入効果を発揮します。

さらに本製品では、Hinemos®ソフトウェアでは有償で提供されていたHinemos®ノードマップ™オプションやHinemos®VM管理オプション、Hinemos®ジョブマップ™オプションがあらかじめ組み込み済みで、実機購入後すぐに活用が可能。仮想化環境と物理環境の混在したシステムも、これ一台でスピーディに統合管理が可能です。

主な機能

EasyBlocks Hinemos®アプライアンスの導入により、システム管理者は、複数のコンピュータを単一のコンピュータのように統合的に扱うことで、作業効率とコストパフォーマンスに優れた運用管理が可能となります。

OSSなどをシステムの統合管理で採用する際には、優れたコスト効果を実現する一方で、機能ごとに別のツール導入が必要だったりと、運用管理の煩雑さから結局商用製品にせざるを得ない、といったケースが多くありました。しかしEasyBlocks Hinemos®アプライアンスなら、目的ごとにグループ化した管理対象のそれぞれに対して、死活・ジョブ・性能監視や一括制御が可能で、煩雑な手間をかけずに多数の管理対象を効率的かつ統合的に扱うことができます。 下記のような機能を利用可能です。

監視管理機能:イベントログ情報やステータス情報のグループ単位で集中監視
性能管理機能:CPU, RAM, ディスク, ネットワークのリソースをリアルタイムグラフ管理
ジョブ管理機能:ユーザ作成ジョブを、複数管理対象間で連携させ定義・実行

さらに、EasyBlocks Hinemos®アプライアンスは、下記の機能を備えているため、どんなシステム環境でも簡単に管理運用が可能です。

インシデント可視化機能:
従来のイベントやスコープといった概念を、二次元のマップ上に展開しグラフィカルな表示にすることで、監視対象やインシデントのさらなる可視化が可能。ノードアイコンのクリックによるインシデント一覧表示や詳細の確認、ドラッグアンドドロップでのノード間コネクタ接続、アイコンや背景を任意画像へ変更など、直感的かつ効率的な操作での運用管理を実現します。

仮想化環境一元管理機能:
仮想化ソフトの特有なシステム構成の相違に自動で対応しており、運用時の構成管理作業を大きく軽減しながら、仮想化環境と物理環境の容易な一元管理が可能です。仮想マシンの電源オンオフや複製・削除・マイグレーション、さらには通常では取得できない正確な仮想マシンの情報取得も可能で、いつでも監視管理対象のリソース配分を最適に保つことができます。

ジョブ可視化機能:
視覚的にわかりやすいジョブ管理を実現。ドラッグ&ドロップでのジョブネット作成や、実行状態ごとに色分けされたジョブネットの現状把握が可能で、複雑なジョブネット運用が大幅に効率化します。(オプション)

キャンペーン販売について

本製品の発売にあたり、2013年3月末までの特価キャンペーン販売を行います。
詳しくは本リリース末尾の製品情報URLをご覧下さい。

キャンペーン販売の例:
EasyBlocks Hinemos®アプライアンス 20ノードモデル

→特価キャンペーン価格 399,000円(税込)

ITpro EXPO 2012ブースにて稼働中の実機を展示

10月10日(水)〜12日(金)に東京ビッグサイトにて開催される「ITpro EXPO 2012」にてEasyBlocks Hinemos®アプライアンスがいち早く展示されます。ぷらっとホームにて稼働中の実機を体験いただくことができます。

イベント詳細URL: http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/
ぷらっとホームブース: No. 5-11

製品詳細(仕様、価格、ラインナップ、サポート)

■仕様・価格

品名 EasyBlocks Hinemos®アプライアンス
型番 EBX3/HNMS4/x/1Y
xには対応監視ノード数が入ります
参考価格(税込) オープン ※1

仕様
外部インターフェース eSATA× 1
10/100/1000BASE-T ×4
USB 2.0 × 2
RS232C × 2
内部ストレージ SSD 20GB
筐体サイズ 194 (W) × 179 (D) × 42 (H) mm(ゴム足含まず)
動作条件 温度:0 - 50℃、湿度20 - 80%Rh
電源 内蔵AC電源
消費電力 アイドル時 10.0W / 最大 15.5W
重量 約1,150g
保証
無償修理期間 弊社出荷日よりセンドバック1年間 ※2

※ジョブ管理可視化機能については別途お問い合わせ下さい。

■サポートサービス

基本サービス(2年目以降) ※1年目は本体に含まれています
専用サポートデスク 参考価格:オープン※Hinemos 4.0サブスクリプションを含む
拡張サービス ※基本サービス又はパートナーサポートサービスの加入が必須
オンサイト対応 参考価格:40,000円/台より
カスタムプリセット 参考価格:20,000円/台(1回)より
設置・設定 参考価格:80,000円/台より

詳しい仕様やサポートサービスの内容は下記「関連URL」をご覧ください

関連URL

ぷらっとホームについて

ぷらっとホームは、創設当時の1993年に、まだ黎明期にあったLinuxオペレーティングシステムを企業として初めて国内へ輸入・販売しました。また1996年には独自ブランドとして最初のオリジナルサーバーを出荷、2000年に東証マザーズでの株式公開を果たしました。ぷらっとホームは、創業以来、日本の代表的なオープンソースOS関連企業として、また数々の先端的なプロダクトの市場投入を通じて、企業におけるビジネスの立ち上げや運用を支え続けています。

本発表に関するお問合せ先

報道機関からのお問い合わせ先:
ぷらっとホーム株式会社 広告・マーケティング課 松本知巳
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内敬呂(たけうちよしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

※1 本製品は2年目以降サポートサービス(専用サポートデスク)が必須となります。
※2 添付品は弊社出荷日より30日間、欠品の充当、または初期不良交換のみ

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat'Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

2013年1月31日 代表取締役の氏名に誤表記が見つかったため訂正いたしました。

ページの先頭へ戻る