企業情報

トップページ > 企業情報 > 沿革

沿革

1993年(平成5年)

3月

コンピュータおよび周辺機器の開発ならびに製造、販売を目的にぷらっとホーム株式会社を設立

12月

LinuxおよびFreeBSDのパッケージを輸入販売開始

1994年(平成6年)

6月

インターネットのドメイン「plathome. co. jp」を取得し、電子メールを運用開始

7月

ホームページを運用開始

1995年(平成7年)

5月

店舗3Fに業界初のインターネットショールーム(インターネットカフェ)「パートナーズプラザ」を開設

1996年(平成8年)

9月

自社ブランドサーバ「プラットホームファクトリーサーバ」を製造、販売開始

1997年(平成9年)

10月

当社PBコンピュータが、第二電電株式会社(現 KDDI株式会社)のインターネット接続用推奨サーバとして認定

1998年(平成10年)

7月

コンソールスイッチ製品PS-104F、CE-101を開発、富士通高見澤コンポーネント株式会社(現 富士通コンポーネント株式会社)とOEM生産委託を締結し、販売開始

11月

Be Inc.と総販売代理店契約を締結。BeOSの国内販売を開始

1999年(平成11年)

10月

ECサイト「ぷらっとオンライン」を運用開始

11月

国内のオープンソース・ソフトウェア・コミュニティの交流を目的としたオープンソース祭り'99 in 秋葉原を主催

2000年(平成12年)

1月

オープンソースの関連ソフトの情報を集約したウェブサイト「ぷらっとホーム オープンラボラトリ」を開設

7月

東京証券取引所マザーズに株式を上場
マイクロサーバ「OpenBlockS」を販売開始

2001年(平成13年)

12月

IBM server用のSuSE LinuxおよびLinuxサービスを提供開始

2002年(平成14年)

12月

自社ブランドストレージ「Works RAID」を製造、販売開始

2003年(平成15年)

1月

コンピュータ切替器「PShareEX」販売開始

2月

ホイールつきコンパクトキーボード「MiniKeyboardIII」を販売開始

9月

ネットワーク監視サーバ「監視BlockS」を販売開始

2004年(平成16年)

10月

HAクラスタリングソフトウェア「RoseHA」を販売開始

2005年(平成17年)

5月

本社を秋葉原ダイビルに移転

11月

OpenBlockSの意匠を受け継ぐマイクロサーバ「OpenMicroServer」販売開始
ソフトイーサVPN株式会社(現ソフトイーサ株式会社)と販売代理店契約(1stパートナー)を締結、「PacketiX VPN2.0」販売開始

12月

秋葉原店舗の閉鎖

2006年(平成18年)

3月

東京大学との新しい産学連携モデル(Proprius21)に基づく共同研究契約締結

4月

「Google 検索アプライアンス」のエントリーモデル「Google Mini」を販売開始

2007年(平成19年)

6月

グローバルサイト http://www.plathome.com/ を開設

10月

「PacketiX VPN 2.0英語版」を販売開始

2008年(平成20年)

6月

ECサイト「Plat'Online」をリニューアルオープン

12月

ブレードを超えた導入性と柔軟性、クラウド向けの「完全独立型」の高密度実装サーバー「CloudStation™ A」を発表

2009年(平成21年)

5月

新しくなった手のひらサイズの小型サーバーOpenBlocks 600を発表

6月

OpenBlocks 600が、Interop Tokyo 2009にて「Best of Show Award 2009 プロダクト部門 特別賞」を受賞

9月

OpenBlocks 600にJava™ SE for Embedded を搭載

10月

NTTデータ協力のもと、OpenBlocks 600採用の「プライベートクラウドソリューションパッケージ」を提供へ

11月

NTTデータのシステム監視管理ツール「Hinemos® Light」をOpenBlocks 600専用に配信開始
NTTデータ協力のプライベートクラウドシステムを販売開始

2010年(平成22年)

1月

柔軟に拡張可能で低GB単価なストレージサーバー「TrusSPS」を販売開始
PFIと、Hadoopアセスメントサービスの提供を開始

3月

PacketiX VPN 3.0を販売開始

8月

DHCPやDNSなどの用途に絞った小型アプライアンス4モデルを発表

10月

自由な開発運用を実現する企業向けの手のひらサイズサーバー「OpenBlocks 600D」を発売

2011年(平成23年)

3月

ワンストップで導入できる多台数環境向け運用管理「Hinemos® Light アプライアンス」を発売

6月

高信頼なDHCPやDNSなどを「らくちん」導入・手間なし運用できるアプライアンス製品「EasyBlocks」を発売

12月

本社を市ヶ谷の日本ビルディング九段別館に移転

2012年(平成24年)

6月

ARM®を採用したマイクロサーバー「OpenBlocks AX3」と「OpenBlocks A6」を発表
OpenBlocks AX3が、Interop Tokyo 2012にて「Best of Show Award 2012 特別賞」を受賞
DHCPなど統合型・Webキャッシュ・Webフィルタの「楽ちん」アプライアンス3モデルを発売

2013年(平成25年)

7月

PacketiX VPN 4.0を販売開始

9月

PoEや3G、RS-485に対応しM2Mゲートウェイに最適なマイクロサーバ、「OpenBlocks A7」を発表

2014年(平成26年)

8月

東京証券取引所 市場第二部に株式を上場

9月

多様なセンサーからの情報を収集・加工・伝送できるIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT BX1」発表

2015年(平成27年)

1月

IoT・M2Mシステムの構築に最適なオールインワンの「OpenBlocks IoT EX1」を発表

7月

Amazon Web ServicesのAPNテクノロジーパートナーに認定

9月

海外での利用に対応した「OpenBlocks® IoT BX1G」を発表
高付加価値ネットワークサービスに対応したハイスペックマイクロサーバー OpenBlocks® Monster V4を発表

10月

Bluetoothビーコンによる位置管理システム構築に最適な新型IoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT BX0(ゼロ)」を発表

2016年(平成28年)

4月

Linux Foundationの新しい社会インフラシステムのプロジェクトに設立メンバーとして参加
IoTの推進へブロックチェーン技術の普及や進化を目的とした「ブロックチェーン推進協会」に発起メンバーとして参加

7月

IoTビジネスの拡大を目指す日本IBM「Watson IoT Platformパートナーエコシステム」に参加

11月

IoTエッジコンピューティングを実現するIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX1」を発売